• 本

泣きたい日のぼのぼの

竹書房新書 028

出版社名 竹書房
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-8124-8944-4
4-8124-8944-X
税込価格 905円
頁数・縦 254P 18cm

商品内容

要旨

「ぼのぼの」は、発表当初より4コマ漫画でありながら、哲学的だと評価されてきました。これまで読者の皆様からのハガキに、「泣きました」、「癒されました」、「かわいい」、「おもしろい」、「読んですっきりした」、「心がほっこりした」、「本質をついている」、「頑張ろうと思える」などの温かい声がたくさんありました。今回は、その中から「泣きたい日」に読んでほしい作品を選びました。

目次

第1章 大将の新しい生き方
第2章 ボクの景色
第3章 アライグマくんの恋
第4章 冬が来る
第5章 ウマちゃん
第6章 シマリスくんのクノー
コントロールから遠く離れて(聞き手 やくしまるえつこ)
書下ろし 泣きたい日(いがらしみきお)

出版社・メーカーコメント

「ぼのぼの」は、発表当初より4コマ漫画でありながら、哲学的だと評価されてきました。これまで読者の皆様からのハガキに、「泣きました」、「癒されました」、「かわいい」、「おもしろい」、「読んですっきりした」、「心がほっこりした」、「本質をついている」、「頑張ろうと思える」などの温かい声がたくさんありました。今回は、その中から「泣きたい日」に読んでほしい作品と、「癒されたい日」に読んでほしい作品を選び同時刊行を致しました。「泣きたい日」には、やくしまるえつこさんの特別インタビューが収録されています。またそれぞれの巻に、いがらしさんに詩を書き下ろして頂きました。生きることが楽になる珠玉の作品たちが、あなたの心にかならず届きますように!

著者紹介

いがらし みきお (イガラシ ミキオ)  
1955年1月13日、宮城県生まれ。24歳でデビュー。『ネ暗トピア』などで圧倒的支持を得る。84年より2年間の休筆後、復帰作『ぼのぼの』は大ヒットとなり88年に講談社漫画賞受賞。以後、映画化、TVアニメ化される。98年『忍ペンまん丸』で小学館漫画賞受賞。平成21年度宮城県芸術選奨を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)