• 本

早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいい

出版社名 竹書房
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-8124-9207-9
4-8124-9207-6
税込価格 1,320円
頁数・縦 192P 19cm

商品内容

要旨

NO!と言える科学者・武田邦彦が明らかにする禁煙ファシズムの正体―。

目次

第1章 タバコを吸うと、本当に肺がんになるのか?(禁煙すると、かえって肺がんが増える!
先入観でデータを見るから間違いをおかす! ほか)
第2章 副流煙とタバコを巡る利権の構造(副流煙は本当に毒なのか?
根拠となった「平山論文」のウソとは? ほか)
第3章 タバコは人類の大切な宝である(喫煙は長い歴史を持った文化
タバコはコロンブスがヨーロッパに伝えた! ほか)
第4章 今日も元気だ、タバコがうまい!―タバコを吸いながら、健康に生きる方法(「今日も元気だ、タバコがうまい」が合言葉
タバコもお酒も適量を守ることが大事 ほか)

著者紹介

武田 邦彦 (タケダ クニヒコ)  
1943年、東京生まれ。東京大学教養学部基礎学科卒業。工学博士。専攻は資源材料工学。芝浦工業大学工学部教授、名古屋大学大学院教授を経て、現在は中部大学総合工学研究所教授を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)