• 本

熟れどき同窓会 書き下ろし長編官能小説

竹書房ラブロマン文庫 は1−5

出版社名 竹書房
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-8124-9238-3
4-8124-9238-6
税込価格 713円
頁数・縦 285P 15cm
シリーズ名 熟れどき同窓会

商品内容

要旨

フリーライターの飯島慎吾は、高校時代の同窓会に参加するため、久しぶりに故郷の田舎町に帰省した。慎吾はライターをしながら小説家を目指していたが、なかなかものにならず、三十歳となった今、その夢を諦めようかと悩んでいた。そんな傷心状態での帰郷だったが、同窓会に出席すると、かつての同級生の女子や担任女教師が、色香に満ちた美熟の人妻に変貌しており、魅了されていく。彼女らに悩みを打ち明けるうちに親密なムードになり、さらに誘いをかけられて…!?挫折しかけている男が、故郷で熟れごろ美女たちとめくるめく体験を味わい癒されていく、ハーレム人妻エロスの傑作。

著者紹介

葉月 奏太 (ハズキ ソウタ)  
昭和44年、神奈川県横浜生まれ。テンポの良いストーリーと緻密な心理描写、そして刺激溢れる熱い官能シーンを武器に、平成23年2月『蜜会 濡れる未亡人』(竹書房)で長編デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)