• 本

ぼくのミニスカ上司 書き下ろし長編官能小説

竹書房ラブロマン文庫 や1−23

出版社名 竹書房
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-8124-9281-9
4-8124-9281-5
税込価格 700円
頁数・縦 276P 15cm

商品内容

要旨

奇跡的に大口の契約を取りつけた青年サラリーマンの吉村正樹は社内一の美女・来栖由香里課長にご褒美としてホテルに誘われる。憧れの由香里の肉体を前に正樹はいさみ立ったものの、悲しいかな童貞ゆえに、由香里を抱く直前に失敗してしまう…!完全に嫌われたと落ち込んだ正樹だったが、翌日、由香里は扇情的なミニスカ姿で会社に現れた。これは一人前の男になって満足させて欲しい、という由香里の希望なのか。それとも弄ばれているだけなのか…。戸惑いながらも正樹は、クールな美人上司を攻略するため奮起する。そんな彼を時に容赦なく、時に淫らに導く由香里の真意とは!?厳しいながらも男を育て、喜ばせてくれるニューヒロインを描いた誘惑ロマンの新機軸。

著者紹介

八神 淳一 (ヤガミ ジュンイチ)  
昭和37年生まれ。西南学院大卒業後、上京して主にアダルト雑誌の編集に携わる。その後フリーとなり作家デビューを果たし、『艶剣客』シリーズが好評を得る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)