• 本

東京伝説ベストセレクション 3

腐った街の怖い話

竹書房文庫 HO−167

出版社名 竹書房
出版年月 2013年6月
ISBNコード 978-4-8124-9477-6
4-8124-9477-X
税込価格 838円
頁数・縦 413P 15cm
シリーズ名 東京伝説ベストセレクション

商品内容

要旨

現在、世間をにぎわしている虐待や、ストーカー犯罪をはじめ人間の狂気が引き起こした事件をあたかも予言しているかのような平山夢明の人気シリーズ『東京伝説』ベストセレクション第3弾!2003年から2010年までの既刊からワーストを選びまとめた!精密に詳細に人間に巣くう悪意、妬み、暴力衝動、歪んだ愛情などを昆虫の標本のように一つ一つピンで串刺しにし、まるで夏休みの宿題のように軽々と提出している。だが、無防備な日常生活者も目をそらすことはできない!なぜならここには血まみれの脳髄が、叫んでいる声が聞こえ、狂気の短距離ランナーが哄笑しながら疾走しているのが見えるからだ!書き下ろしも収録。

目次

ハロウィン
莫迦
ヨシコはスイカ
水道屋
右か左か?
壊れるんです…。
預かられて…。
バイト
特殊班
地下病院〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

現在世間をにぎわしている虐待や、ストーカー犯罪をはじめ人間の狂気が引き起こした事件をあたかも予言しているかのような平山夢明の人気シリーズ『東京伝説』ベストセレクション第3弾! 2003年から2010年までの既刊からワーストを選びまとめた! 精密に詳細に人間に巣くう悪意、妬み、暴力衝動、歪んだ愛情などを昆虫の標本のように一つ一つピンで串刺しにし、まるで夏休みの宿題のように軽々と提出している。だが、無防備な日常生活者も目をそらすことはできない! なぜならここには血まみれの脳髄が、叫んでいる声が聞こえ、狂気の短距離ランナーが哄笑しながら疾走しているのが見えるからだ! 描き下ろしも収録。解説は黒木あるじです。

著者紹介

平山 夢明 (ヒラヤマ ユメアキ)  
神奈川県生まれ。フィクション・ノンフィクション、死者・生者を問わず常に人間存在の「狂気」を根こそぎ描き尽くそうとする筆致には定評がある。『独白するユニバーサル横メルカトル』で第59回日本推理作家協会賞短編部門を受賞、同タイトルの短編小説集(光文社)が2007年度「このミステリーがすごい!」一位。また「DINER(ダイナー)」(ポプラ社)が第28回冒険小説大賞&第13回大藪春彦賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)