• 本

甲子園の光と影 永遠の球児たち

竹書房文庫 や3−1

出版社名 竹書房
出版年月 2014年3月
ISBNコード 978-4-8124-9916-0
4-8124-9916-X
税込価格 660円
頁数・縦 223P 15cm

商品内容

要旨

聖地・甲子園を舞台にした、栄光と挫折とが交錯する七つの劇的なストーリー。

目次

第1章 「負けない」野球は続く―明徳義塾/河野和洋
第2章 横浜高校の「あ・うん」―横浜/渡辺元智監督・小倉清一郎部長
第3章 頂点に立てなかった名将―東海大甲府・相洋/大八木治監督
第4章 「さわやか清峰」の秘密―清峰/吉田洸二監督・清水央彦コーチ
第5章 脱「義足のヒーロー」宣言―今治西/曽我健太
第6章 運命のデッドボール―佐賀商/新谷博・四日市工業/井手元健一朗
第7章 松坂大輔になれなかった男たち―長崎海星/酒井圭一・天理/谷口功一
エピローグ 南の国から’06寓話―八重山商工