• 本

腎臓の透析は、私が止めてみせる! 腎臓病の進行を抑えたい人に

出版社名 たちばな出版
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-8133-2621-2
4-8133-2621-8
税込価格 1,430円
頁数・縦 211P 21cm

商品内容

要旨

透析だけはしたくない人必読の本。慢性腎臓病の進行を抑える「保存療法」とは?

目次

はじめに 「保存療法の路」を探り続けて(腎臓病患者に希望をもたせる「保存療法」とは何か)
第1章 腎臓病について、知っておきたいこと(慢性腎臓病(CKD)をなおすことはできますか
CKDが進行する原因は何ですか ほか)
第2章 腎機能低下が心配です…(蛋白尿が出たり出なかったりの日々です
「蛋白の摂取を制限しなさい」と言われました ほか)
第3章 間違いだらけの腎臓病の常識(「糖尿病性腎臓病」です。食事はどうしたらいいですか
「外来血圧」にもとづく今の診療のままでよいのか、何となく不安です ほか)
第4章 透析は避けたい!(多発性のう胞腎で、「いずれは透析に…」と言われました
ある日突然、「透析の準備を」と宣告され、愕然としました ほか)

著者紹介

椎貝 達夫 (シイガイ タツオ)  
1938年東京都生まれ。1964年東京医科歯科大学医学部卒業。医学博士。1975〜1977年ドイツミュンヘン大学医学部生理学研究所留学、1978年東京医科歯科大学第二内科講師、1985〜2007年JAとりで総合医療センター院長、2007年同名誉院長。2009年椎貝クリニック開設。椎貝クリニック理事長、腎臓病治療研究所所長、日本腎臓学会名誉会員。受賞:2013年瑞宝小綬章受章。2016年山上の光賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)