• 本

唐代の皇太子制度

プリミエ・コレクション 114

出版社名 京都大学学術出版会
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-8140-0322-8
4-8140-0322-6
税込価格 3,520円
頁数・縦 206P 22cm

商品内容

要旨

皇太子制度から見る中国の中央集権の確立。「釈奠」「歯冑の礼」「皇太子号追贈」「太子廟」等々、政権の安寧を図るべく形成された皇太子制度を解明する。

目次

序論
第1章 西晋における太子師傳―皇太子の守り役の役割
第2章 釈奠と歯冑の礼―資質の顕示としての皇太子儀礼
第3章 唐代における皇太子号と皇帝号の追贈―功績重視の皇太子位
第4章 唐代における太子廟―皇帝の資質と「孝」と「悌」
第5章 唐代の皇太子監国―皇位継承からみた
結論

著者紹介

千田 豊 (センダ ユタカ)  
1989年兵庫県生まれ。2019年京都大学大学院人間・環境学研究科共生文明学専攻博士後期課程修了、博士(人間・環境学)。現在、大手前大学非常勤講師・帝塚山学院中学校高等学校非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)