• 本

折口信夫の戦後天皇論

法蔵館文庫 な1−1

出版社名 法藏館
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-8318-2608-4
4-8318-2608-1
税込価格 1,430円
頁数・縦 354P 15cm

商品内容

要旨

敗戦を「神やぶれたまふ」と表現した折口信夫。やがて“神”から“人間”となった天皇や、神道指令後の日本神道に、彼はいかなる可能性を見出そうとしたのか。「日本神道の“対抗宗教改革”プラン」「神と精霊の対立というパラダイム」「“新国学”の戦前と戦後」など、折口学の深淵へと果敢に挑んだ論考を収め、擁護や否定といった枠組みを超えた折口理解“第三の道筋”を切り拓いた画期的労作。

目次

第1部 折口信夫の戦後天皇論(「女帝考」はなぜ書かれたか
日本神道の“対抗宗教改革”プラン)
第2部 折口古代学の基礎理論(神と精霊の対立というパラダイム
“神”観念と“性”のメタファー)
第3部 折口信夫と柳田国男(『古代研究』の成立まで
“新国学”の戦前と戦後)
第4部 終章(いま折口信夫をどう読むか)

著者紹介

中村 生雄 (ナカムラ イクオ)  
1946年静岡県生まれ。京都大学文学部(宗教学専攻)卒業、法政大学大学院修士課程(日本文学専攻)修了。静岡県立大学教授、大阪大学教授、学習院大学教授を歴任。2010年歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)