• 本

いいことってどんなこと

こどものとも傑作集

出版社名 福音館書店
出版年月 2001年1月
ISBNコード 978-4-8340-1729-8
4-8340-1729-X
税込価格 1,100円
頁数・縦 31P 20×27cm

おすすめコメント

早春、北の国では雪解けが始まり、小鳥も川も、風もリスも楽しそう。女の子が「どうしてそんなにうれしいの」とたずねると、みんな「いいことがあるからよ」と答えます。

著者紹介

神沢 利子 (カンザワ トシコ)  
1924年、福岡に生まれる。子ども時代を北海道樺太で過ごす。61年に『ちびっこカムのぼうけん』(理論社)を出版後、『くまの子ウーフ』(ポプラ社)、『ふらいぱんじいさん』(あかね書房)、『銀のほのおの国』『やさい町どんどん』(以上福音館書店)など次々に出版。『流れのほとり』で日本児童文芸家協会賞、『タランの白鳥』で産経児童出版文化賞大賞(以上福音館書店)、『神沢利子コレクションI〜V』(あかね書房)で厳谷小波文芸賞を受賞。絵本に『えぞまつ』『たまごのあかちゃん』(以上福音館書店)のほか詩集など多数の作品がある。東京在住
片山 健 (カタヤマ ケン)  
1940年、東京に生まれる。絵本に、『おやすみなさいコッコさん』『コッコさんのともだち』『むぎばたけ』『たのしい ふゆごもり』『タンゲくん』(講談社出版文化賞絵本賞)(以上福音館書店)、『どんどんどんどん』(文研出版)、『大きい川小さい川』(ほるぷ出版)、『やまのかいしゃ』(架空社)など。画集に、『美しい日々』(幻灯社)、『迷子の独楽』(北宋社)、『いる子ども』(パルコ出版)などがある。東京在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)