• 本

地球動物記

出版社名 福音館書店
出版年月 2007年4月
ISBNコード 978-4-8340-2258-2
4-8340-2258-7
税込価格 5,170円
頁数・縦 287P 31cm

商品内容

要旨

いのちを育む大自然を舞台に、野生動物の凝縮の一瞬を撮りつづける動物写真家・岩合光昭が、膨大な写真の中から選びぬいた迫力の写真集。900枚の写真と37年におよぶフィールドノートで、ホッキョクグマ、ジャイアントパンダ、アフリカゾウ、ライオン、ペンギンなど、250種をこえる野生動物のたくましく生きる姿を紹介します。

目次

1月のカレンダー
2月のカレンダー
3月のカレンダー
4月のカレンダー
5月のカレンダー
6月のカレンダー
7月のカレンダー
8月のカレンダー
9月のカレンダー
10月のカレンダー
11月のカレンダー
12月のカレンダー

おすすめコメント

いのちを育む大自然を舞台に、野生動物の凝縮の一瞬を撮りつづける動物写真家・岩合光昭が、900枚の写真と37年におよぶフィールドノートで紹介する迫力の写真集。

著者紹介

岩合 光昭 (イワゴウ ミツアキ)  
1950年東京生まれ。1970年に、父親である動物写真家・岩合徳光の撮影助手としてガラパゴス諸島を訪れたことを契機に、大自然と人間をおそれない野生動物に魅了され、写真家の道を歩みはじめる。以後、地球上のあらゆる地域をフィールドに、大自然に生きる野生動物の一瞬の輝きを撮りつづけている。1982年から1年半、アフリカのセレンゲティ国立公園に家族とともに移り住み、自然に身をゆだねて撮った『おきて』(1986・小学館)は全世界でベストセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)