• 本

半分のふるさと 私が日本にいたときのこと

福音館文庫 N−18

出版社名 福音館書店
出版年月 2007年11月
ISBNコード 978-4-8340-2302-2
4-8340-2302-8
税込価格 935円
頁数・縦 452P 17cm

商品内容

要旨

広島で生れ、戦争の辛苦を経験し、終戦の年、十五歳までを日本で育った朝鮮人の著者に、母は、“民族の誇りを持って生きよ”と教える。日本への愛憎を胸に、祖国への愛にも目覚めはじめるさまを描く、躍動的な自伝。坪田譲治文学賞、産経児童出版文化賞・JR賞、野間児童文芸新人賞受賞作。

目次

私のルーツ
キマちゃんだったころ
一年生
岡広先生
桃源郷
江田島小学校
終戦と帰国

出版社
商品紹介

日本で生まれ育った朝鮮人の作者が、日本への愛憎を胸に、祖国への愛にも目覚めはじめるさまを描く、いきいきとした自伝。

著者紹介

イ サンクム (イ サンクム)  
李相琴。1930年、広島県に生まれる。1955年、ソウルの梨花女子大学教育学科を卒業。のち、同大学大学院修士課程、延世大学大学院博士課程を修了。1987年、お茶の水女子大学学術博士学位を取得。1957年以降、母校梨花女子大学の教壇に立ち、1995年に定年退職。現在同大名誉教授。ロサンゼルス在住
帆足 次郎 (ホアシ ジロウ)  
1924年、大分県に生まれる。東京芸術大学美術学部油画科卒業。札幌在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)