• 本

カナリア王子 イタリアのむかしばなし

福音館文庫 F−15

出版社名 福音館書店
出版年月 2008年10月
ISBNコード 978-4-8340-2388-6
4-8340-2388-5
税込価格 715円
頁数・縦 195P 17cm

商品内容

要旨

森の奥の古い城。とじこめられた王女が魔法の本のページをくると、王子は黄色いカナリアとなって、こずえより高く舞い上がる…。イタリアを代表する作家カルヴィーノが、イタリア全土を旅しながら収集し再話した、二百編の民話。その中から恐ろしくも美しい選りすぐりの七編をお届けします。

出版社
商品紹介

「民話の宝庫」イタリア全土から、巨匠カルヴィーノが収集し再話した200編の民話の中から、妖しくも美しい選りすぐりの7編を収録。

著者紹介

カルヴィーノ,イタロ (カルヴィーノ,イタロ)   Calvino,Italo
1923年、キューバ生まれ。2歳の時、両親とともにイタリアに戻る。1945年に作家デビュー。自身のパルチザンでの体験を元にした長編『くもの巣の小道』で注目を浴びる。寓話的、幻想的な作品を発表する一方で、イタリア全土から採集した民話をまとめた『イタリア民話集』の編纂も手掛けた。1985年没
安藤 美紀夫 (アンドウ ミキオ)  
1930年、京都府京都市生まれ。京都大学文学部イタリア文学科卒。北海道に渡り、高校教師を務める傍ら、イタリア児童文学の研究、翻訳を続け、また自ら創作も手がけた。1990年没
安野 光雅 (アンノ ミツマサ)  
1926年、島根県津和野町生まれ。74年、『ABCの本』、『きりがみ太郎』で芸術選奨文部大臣新人賞受賞。他に国際アンデルセン賞をはじめ、受賞多数。88年、津和野に安野光雅美術館が落成。東京在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)