• 本

ベルンカとやしの実じいさん 366日のおはなし 下

7月から12月のまき

世界傑作童話シリーズ

出版社名 福音館書店
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-8340-8146-6
4-8340-8146-X
税込価格 2,200円
頁数・縦 110P 27cm
シリーズ名 ベルンカとやしの実じいさん

商品内容

要旨

ベルンカは、チェコのプラハという町にくらす6才の女の子。もうすぐ小学生になります。ベルンカにはやさしいベドジフ父さん、マリア母さん、アガタおばあちゃんがいますが、おじいさんがいません。ですから、いつか会える日をずっと夢見ています。すると、あるクリスマスイブのこと、ハイチという南の島から、大きな箱がベルンカのもとにおくられてきます。ベルンカは、ドキドキしながら、あけてみますが…、なかからあらわれたのは、ちょっとへんてこなやしの実のぼうしをかぶった、小さなおじいさんでした!7月から12月のまき。

著者紹介

シュルット,パベル (シュルット,パベル)  
1940年チェコのプラハで生まれる。詩人、作家。本書にて2006年IBBY(国際児童図書評議会)オナーリストを受賞
ミクリーノワ,ガリーナ (ミクリーノワ,ガリーナ)  
1970年チェコのオストラワで生まれる。アニメーション映画監督、イラストレーター
大沼 有子 (オオヌマ ユウコ)  
1956年東京で生まれる。5歳から10歳までプラハですごし、東欧の絵本に親しむ。1983年より、明星学園小学校に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)