• 本

「おなかのカビ」が病気の原因だった 日本人の腸はカビだらけ

ビタミン文庫

出版社名 マキノ出版
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-8376-1321-3
4-8376-1321-7
税込価格 1,404円
頁数・縦 167P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

一度でも抗生物質を使った人は要注意。発酵食品のとりすぎに潜むワナ。おなかのカビのチェックリスト付き。

目次

第1章 「おなかにカビがいる」とはどういうことか(あなたのおなかにカビがいるかチェックしよう!
関連本や自閉症の情報に出てきた「おなかのカビ」 ほか)
第2章 おなかのカビはなぜ怖い?(腸で炎症を起こし「漏れ出る腸」にしてしまう
カビは多くの有害物質をつくる ほか)
第3章 何がおなかのカビをふやすのか(抗生物質の使いすぎが最大の原因
本来は抗生物質が不要な軽い中耳炎にも使われる ほか)
第4章 おなかのカビの退治法(まずはカビ対策を行おう
安易に抗生物質を飲まないことが最初の一歩 ほか)
第5章 おなかのカビを退治して健康になった実例報告(個人差を踏まえて参考に。ハーブは自分に合うものを選ぶ
ひどかった統合失調症と小麦を1袋食べるなどの食異常が改善 ほか)

著者紹介

内山 葉子 (ウチヤマ ヨウコ)  
関西医科大学卒業。大学病院・総合病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行った後、福岡県北九州市で葉子クリニックを開設、院長を務める。医学博士、総合内科専門医、腎臓内科専門医、ホメオパシー専門医。全人的な医療に基づき、自然医療や漢方・機能性食品などの補完・代替医療と西洋医学、心のケアなどを統合的に行い、さまざまな分野の難治性の疾患の診療を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)