• 本

40代「泣きたい日」の頑張り方

知的生きかた文庫 よ10−7 わたしの時間シリーズ

出版社名 三笠書房
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-8379-8588-4
4-8379-8588-2
税込価格 734円
頁数・縦 221P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

40代、これまでは人生のリハーサル!「いちばん好きな場所」は、生きるエネルギーをくれる。苦境に立たされるのは「神さまから見込まれている」証拠。余裕がないときこそ「ゆっくり動く」。好かれる人が無意識にやっている「褒める技術」。運がいい人は、「運気の変わり目」に敏感な人。「笑顔」に勝る美人なし…etc.明日もっと元気になるための読むビタミン。

目次

第1章 自分を訪ねて(迷って、悩んで、その先に大切な何かが見えてくる。
「素の自分」に戻れる“避難場所”を持っていますか? ほか)
第2章 「ありがとう」とともに(「おかげさま」という言葉には「美しい生き方」がこもっている。
「うれしい」と素直に口にすると、“いいこと”を引き寄せる。 ほか)
第3章 美しく生きる(四十代は人生の折り返し地点。「さあ、これから!」
褒め上手は、幸せ上手。 ほか)
第4章 幸せの感じ方(幸せは「なる」ものではなく、「感じる」もの。
「相手を喜ばせよう」と思うと人は幸せになれる。 ほか)
第5章 未来の自分へ(わくわくすることは、未来を開く鍵になる。
失敗しても命までは取られない。 ほか)

おすすめコメント

たとえば、何をしてもうまくいかないとき、泣きたい気持ちのときは、顔を上げてまわりの景色をゆっくり眺めてみる。ほんの少し視点が変わっただけで、そこに不調の波を脱するヒントが見つかるかもしれない――。40代、泣きたい日の自分を元気づける方法、自信の高め方……今すぐできること満載。『Jupiter』の人気作詞家&エッセイストが贈る!「明日もっと元気になるため」の読むビタミン!  ◇「いちばん好きな場所」は、生きるエネルギーをくれる ◇苦境に立たされるのは「神さまから見込まれている」証拠 ◇余裕がないときこそ「ゆっくり動く」 ◇好かれる人が無意識にやっている「褒める技術」 ◇運がいい人は、「運気の変わり目」に敏感な人 ◇「笑顔」に勝る美人なし ……etc.

著者紹介

吉元 由美 (ヨシモト ユミ)  
作詞家。淑徳大学人文学部客員教授。東京生まれ。成城大学英文科卒業。広告代理店勤務の後、1984年作詞家デビュー。エッセイストとしても幅広く活躍し、2013年より、「吉元由美のLIFE ARTIST」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)