• 本

昭和の奈良大和路 入江泰吉の原風景 昭和20〜30年代

出版社名 光村推古書院
出版年月 2011年8月
ISBNコード 978-4-8381-0451-2
4-8381-0451-0
税込価格 2,200円
頁数・縦 239P 16×18cm

商品内容

要旨

戦災で故郷である奈良に戻った入江泰吉(1905〜1992)は、奈良大和路の風物に救われたと語っていた。約半世紀にわたって撮り続けてきた入江だが、その原点は、戦後すぐに見た、昔と変わらない農村風景であり、街を行き交う人や明るい子どもたちの表情だった。写真集に収録した二百点を越える写真からは、入江の温かいまなざしが感じられ、奈良大和路の飾らない風景が広がっている。これは入江の心の原風景であり、貴重な記録写真でもある。

目次

第1章 奈良町界隈
第2章 佐保・佐紀・平城宮跡界隈
第3章 西の京
第4章 斑鳩・當麻界隈
第5章 山の辺の道・聖林寺界隈
第6章 飛鳥の里
第7章 文化財の記録