• 本

本は3冊同時に読みなさい

出版社名 マガジンハウス
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-8387-3135-0
4-8387-3135-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 230P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

何を、どう読むべきか。月平均300冊読む著者が伝授。一生ものの読書法。

目次

大局から物事を捉える―歴史の本
日本を取り巻く情勢を知る本
対象に迫る―優れた人物ノンフィクションを読む
今、この社会で何が起きているか
思想からのアプローチ
人間理解を深める
小説から得られるもの
神学・宗教
知性に触れる
勉強本
最後の一編

出版社・メーカーコメント

月平均300冊読む著者が伝授。何を、どう読むべきか。一生ものの読書法。並行読みで質とスピードを上げる!!●『鬼滅の刃』を読んだら『約束のネバーランド』『鬼の研究』を読むといい。●歴史書を読むことで人生に役立つ物の見方を身につけることができる。●歴史小説を読んでおくとビジネスに役立つ。●社会を知るためには、現場をよく知る人物が書いた本を読むべき。●マルクス読みというジャンルを追いかける醍醐味。●小説を通じてしか知りうることのできない未知の世界がある。<本書で取り上げる書籍一覧>『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』『地中海世界』『シリーズ近現代ヨーロッパ200年史 地獄の淵から』『東ドイツ史』『トランプ時代の日米新ルール』『金正恩』『習近平の敗北』『スターリン批判』『「北洋」の誕生』『プーチンの世界』『ゴルバチョフ』『エンゲルス』『キム・フィルビー』『汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師』『狼の義』『サリン事件死刑囚』『コロナショック・サバイバル』『官邸コロナ敗戦』『テロリズムとは何か』『日本の大課題 子どもの貧困』『「なんとかする」子どもの貧困』『この国の冷たさの正体』『老前破産』『督促O L 指導日記』『シリコンバレーで起きている本当のこと』『「他者」の倫理学』『武器としての「資本論」』『他者という病』『発達障害』『インターネット・ゲーム依存症』『モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方』『読書という荒野』『手のひらの京』『終点のあの子』『わたしの神様』『ブラック オア ホワイト』『崩壊の森』『あなた』『キリスト教史』『プロテスタンティズム』『バルト自伝』『わたしの信仰』『備中高梁におけるキリスト教会の成立』『アメリカ映画とキリスト教』『世界史の実験』『経済原論』『千夜千冊エディション 本から本へ・デザイン知』『井上ひさしベスト・エッセイ』『試験に出る哲学』『あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか』『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
1960年生まれ。作家。元外務省主任分析官。同志社大学神学部客員教授。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ソ連・在ロシア日本大使館勤務等を経て、北方領土問題など対ロシア外交で活躍。『国家の罠』(毎日出版文化賞特別賞)、『自壊する帝国』(大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞)、『十五の夏』(梅棹忠夫・山と探検文学賞)など著書多数。神学に裏打ちされた深い知性をもって、専門の外交問題のみならず、政治・文学・歴史・神学の幅広い分野で執筆活動を展開し、教養とインテリジェンスの重要性を定着させたとして、2020年菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)