• 本

将棋・ひと目の寄せ 終盤で必ず生きる200問

マイコミ将棋文庫SP

出版社名 マイナビ出版
出版年月 2008年7月
ISBNコード 978-4-8399-2907-7
4-8399-2907-6
税込価格 1,080円
頁数・縦 414P 15cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

寄せとは、終盤に玉を読みへと導くこと。本書ではこの寄せを、「詰み」、「必死」、「受け」に分けて出題。部分図なので考えやすく、自然と寄せの力が身につく。「何を持てば詰む」や「双玉問題」といった応用の章もあり、問題は全部で200問用意した。

目次

第1章 ひと目の詰み(基本の詰み形
実戦の詰み)
第2章 ひと目の必死(基本の必死形
実戦の必死)
第3章 ひと目の受け(詰みを逃れる
詰めろを逃れる)
第4章 力試し―何を持てば詰む?(持駒問題)
第5章 ひと目の攻防手(双玉問題)