• 本

Docker/Kubernetes 開発・運用のためのセキュリティ実践ガイド

Compass Infrastructure

出版社名 マイナビ出版
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-8399-7050-5
4-8399-7050-5
税込価格 4,048円
頁数・縦 351P 24cm

商品内容

要旨

本番環境へのコンテナ導入に必要な知識を詳解。セキュアなコンテナ開発・運用をはじめるにはこの1冊で。

目次

第1章 Docker・Kubernetesの復習
第2章 コンテナ運用における脅威の事例
第3章 ランタイムのセキュリティTips
第4章 イメージのセキュリティTips
第5章 KubernetesクラスタのセキュリティTips
第6章 アプリケーション間通信を守る

おすすめコメント

DockerやKubernetesを使ったアプリケーション開発は、今では当たり前になりつつあります。今でも、コンテナ実装時に脆弱性が頻繁に見つかっております。本書はDockerやKubernetesのセキュリティを強化するための設定方法や、便利なツールの使い方について、最も網羅的かつ詳細に記した書籍です。本書を用いてセキュリティを強化し、意図的な攻撃からコンテナを保護しましょう。

著者紹介

須田 瑛大 (スダ アキヒロ)  
日本電信電話株式会社ソフトウェアイノベーションセンタ所属。入社以来、オープンソースソフトウェア(OSS)に関する活動に従事。Moby(dockerd)、BuildKit、containerdなどのOSSのメンテナ(開発委員)を務めている。とくにRootlessコンテナ技術に貢献。また、Docker Meetup Tokyoを共同運営している
五十嵐 綾 (イガラシ アヤ)  
OpenStackをベースとしたIaaS/PaaSのクラウドサービス基盤を5年ほど開発したのち、2017年よりゼットラボ株式会社でヤフー社向けのKubernetes管理基盤の研究開発を担当。ほか、Kubernetes関連のOSS開発や、Kubernetes Meetup Tokyoを共同運営している
宇佐美 友也 (ウサミ トモヤ)  
IDaaSの立ち上げなど認証関連のプロジェクトに従事したのち、2016年9月にゼットラボ株式会社に入社。Zero Trust Networkやサービス認証の技術を中心にインフラ基盤の研究開発を行っている。社外活動としてSPIFFE/SPIREプロジェクトへのコントリビューションをはじめ、SPIFFE Meetup Tokyoを共同運営している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)