• 本

写真が語る地球激変 過去の地球、現在の地球、そして未来の地球は…?

出版社名 ゆまに書房
出版年月 2008年1月
ISBNコード 978-4-8433-2759-3
4-8433-2759-X
税込価格 7,480円
頁数・縦 288P 29cm

商品内容

要旨

地球温暖化や気温の変化など、人間は地球にどれほど深刻な影響を与えてきたのか。世界各地の過去と現在を対比する250枚もの写真を掲載し、わずかな時間の間に起こった、その衝撃的な変化を簡潔に解説。

目次

1 激変する「地球環境」
2 世界中で進む「都市化」
3 拡大し続ける「土地開発」
4 底知れぬ「自然の脅威」
5 果てしなく続く「戦争と紛争」
6 さらに追求される「娯楽・文化」

出版社
商品紹介

溶ける氷山、干上がる海、拡大する砂漠など、世界中で進行する衝撃的な環境破壊を、過去と現在の2枚1組の写真で対比。

おすすめコメント

もう手遅れかもしれない!地球環境異変の衝撃的な現実。 溶ける氷山、干上がる海、拡大する砂漠、都市開発と森林破壊。世界のいたるところで進行している衝撃的な環境破壊を、過去と現在の2枚1組の写真で対比、地球の悲鳴が聞こえてきます。

著者紹介

ピアス,フレッド (ピアス,フレッド)   Pearce,Fred
過去15年以上に渡り、世界64カ国の科学、環境、開発問題について報道してきた。『ニュー・サイエンティスト』誌の環境コンサルタントであり、『インディペンデント』紙にも定期的に寄稿。WWF、国連環境プログラム、赤十字、ユネスコ、世界銀行、中間技術開発グループ、イギリス環境エージェンシーのためにもレポートや記事を書いており、著書は8カ国語に翻訳されている
ゴールドスミス,ザック (ゴールドスミス,ザック)  
『エコロジスト』誌編集長であり、2005年には、イギリス保守党のクオリティー・オブ・ライフ政策グループ副議長に任命された。そのほかにも、ゴールドスミスは、農業からエネルギー、温暖化、貿易など、さまざまな問題をあつかう世界中の団体のための資金集めも行なっている
鈴木 南日子 (スズキ ナビコ)  
1971年東京生まれ。東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業。生命保険会社勤務後、イギリスに留学し、ロンドン大学バークベックカレッジにて修士号(映画史)を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)