• 本

近代日本のセクシュアリティ 女性の描かれ方にみるセクシュアリティ 2 24 復刻

若き女性の倫理

近代日本のセクシュアリティ  24

出版社名 ゆまに書房
出版年月 2008年9月
ISBNコード 978-4-8433-2974-0
4-8433-2974-6
税込価格 19,440円
頁数・縦 248,323,8P 22cm
シリーズ名 近代日本のセクシュアリティ

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

『若き女性の倫理』(浅原六朗)
『若き女性の心理』(木村俊夫)

出版社・メーカーコメント

昭和初期モダニズム文学の一翼を担った作家、浅原六朗(一八九五〜一九七七)が『日本女性』などに掲載された論文を纏めたものが、本書『若き女性の倫理』である。かつて『少女の友』、『婦人世界』などの編集に携わっていた浅原ならではの編集、文章術が光る一冊。; 木村俊夫(一九一三〜、和辻哲郎に師事。教育心理学など)による『若き女性の心理』は、三人の娘の父親である木村が「果して三人の娘のよき父たり得るか」という疑問と不安に応える心理学書を見いだせなかったことから、近隣の高等女学校に特別講義を志願し、材料を集めて執筆した一冊である。;

著者紹介

与那覇 恵子 (ヨナハ ケイコ)  
東洋英和女学院大学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)