• 本

押井守の映画50年50本

出版社名 立東舎
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-8456-3444-6
4-8456-3444-9
税込価格 2,420円
頁数・縦 319P 21cm

商品内容

要旨

「1年に1本のみ」という縛りで選ばれた、50本の映画解析。キューブリック、タランティーノ、ポン・ジュノからデル・トロまで―押井守の映画半世紀!

目次

2001年宇宙の旅
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト
ワイルドバンチ
ライアンの娘
わらの犬
ラストタンゴ・イン・パリ
映画に愛をこめて アメリカの夜
田園に死す
新幹線大爆破
タクシードライバー〔ほか〕

著者紹介

押井 守 (オシイ マモル)  
1951年生まれ、東京都出身。大学卒業後、ラジオ番組制作会社勤務などを経て、1977年、竜の子プロダクション入社。1979年、スタジオぴえろに移籍。1981年、チーフディレクターを務めたテレビアニメ『うる星やつら』が高視聴率を稼ぎ、『うる星やつら オンリー・ユー』(83)で劇場監督デビュー。主な監督作品は『機動警察パトレイバー THE MOVIE』(89)、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(95)、『アヴァロン』(01)。『イノセンス』(04)がカンヌ国際映画祭コンペティション部門、そして『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(08)がヴェネチア国際映画祭コンペティション部門入りを果たした。2016年、アニー賞ウィンザー・マッケイ賞を受賞。2019年より米国アカデミー会員に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)