• 本

漫画家、映画を語る。 9人の鬼才が明かす創作の秘密

出版社名 フィルムアート社
出版年月 2015年5月
ISBNコード 978-4-8459-1451-7
4-8459-1451-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 319P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

漫画家の目から見て、いったい映画のどこがおもしろいのか?漫画家は作品体験をどのように表現に生かしているか?ドラマ、ゲーム、アニメ、文学、演劇…映画以外からの影響は?原作/シナリオ、ネーム/コンテ、コマ割り/編集、キャラ/役者の関係とは。9人の鬼才が語り下ろした、漫画と映画の新しい可能性。

目次

1 松本零士―紙の上で映画を作りながら、漫画ならではの方法論を探してきた
2 上條淳士―僕のリズムを描くことが、僕にとっての漫画になる
3 楠本まき―「何も起きない日常」を描くために、キャラクターの魅力を引き出したい
4 浅田弘幸―イマジナリーラインを越えてでも、カメラ目線を重視する
5 五十嵐大介―漫画も映画も、見えないはずのものを見せてくれる
ESSAY 映画館には漫画がいっぱい
6 松本次郎―次は「低予算映画を撮れ」と言われた監督の気持ちで
7 武富健治―「文芸漫画」は人間的なカメラワークから生まれる
8 山本美希―「本」という形と、絵で語ることにこだわりたい
9 諫山創―映画はいつも僕に活力を与えてくれる

著者紹介

島田 一志 (シマダ カズシ)  
1969年10月13日生まれ。漫画編集者、ライター。「週刊ヤングサンデー」編集部を経て、「九龍」元編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)