• 本

ファッションと哲学 16人の思想家から学ぶファッション論入門

出版社名 フィルムアート社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-8459-1716-7
4-8459-1716-5
税込価格 3,240円
頁数・縦 466,42P 19cm

商品内容

要旨

現代を代表する思想家の理論が、ファッションを考える鍵になる!マルクスからドゥルーズ、ラトゥール、バトラーまで。哲学から読み解く、新しいファッション論入門!

目次

カール・マルクス―ファッションと資本主義
ジークムント・フロイト―フェティシズムでは終わらない‐ファッションと精神分析
ゲオルク・ジンメル―哲学的モネ
ヴァルター・ベンヤミン―ファッション、モダニティ、街路
ミハイル・バフチン―グロテスクな身体の形成
モーリス・メルロ=ポンティ―ファッションの身体的経験
ロラン・バルト―記号学とファッションの修辞的コード
アーヴィング・ゴフマン―文化観察の技法としての社会科学
ジル・ドゥルーズ―ファッションの襞に包まれた器官なき身体
ミシェル・フーコー―身体政治の形成
ニクラス・ルーマン―流行と時代遅れのあいだのファッション
ジャン・ボードリヤール―意味の終焉としてのポストモダンファッション
ピエール・ブルデュー―ファッションの場
ジャック・デリダ―抹消記号下のファッション
ブリュノ・ラトゥール―アクターネットワークセオリーとファッション
ジュディス・バトラー―ファッションとパフォーマティヴィティ