• 本

老いてますます官能的

出版社名 新講社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-86081-575-2
4-86081-575-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

官能の成熟と洗練は老境にあり!老いや病いまで存分に楽しむ、この生き方。

目次

序章 書き変えられていく官能の記憶
第1章 赤いバラの花一輪
第2章 不倫有理
第3章 転ばない生き方
第4章 官能的散歩

おすすめコメント

感受性は年とともに老いるとしても、実は官能の成熟と洗練は老境にあり。老いや病まで存分に楽しむ嵐山流人生肯定エッセイ。

著者紹介

嵐山 光三郎 (アラシヤマ コウザブロウ)  
1942年東京生まれ。『素人庖丁記』により講談社エッセイ賞受賞。『芭蕉の誘惑』によりJTB紀行文学大賞受賞。『悪党芭蕉』で泉鏡花文学賞、読売文学賞を受賞。日々、食と旅、文芸耽溺、温泉行で暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)