• 本

スマホが起こす「自分病」って何?

WIDE SHINSHO 243

出版社名 新講社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-86081-576-9
4-86081-576-9
税込価格 972円
頁数・縦 180P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

大人は「考える力」が落ち、子どもは「学力」が下がる。…だから知りたい賢いスマホとのつき合い方。

目次

プロローグ 「自分病」って何?
第1章 友情か、儀式化した人間関係か
第2章 なぜスマホは依存症になりやすいのか
第3章 「合わせなくちゃ」にしばられる人間関係
第4章 ネットの人間関係が失うもの
第5章 家族を「自分病」から守ろう
第6章 困ったときだけ、スマホに頼ってみたら…
エピローグ 自分が見つけた世界がいちばん楽しい

おすすめコメント

スマホを長時間さわり続けることから引き起こされる脳と心への危険性を精神科医・和田秀樹が指摘し、改善法をアドバイス。

著者紹介

和田 秀樹 (ワダ ヒデキ)  
1960年大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部附属病院精神神経科助手、米国カール・メニンガー精神医学学校国際フェローを経て、精神科医。国際医療福祉大学心理学科教授。和田秀樹こころと体のクリニック院長。一橋大学経済学部非常勤講師。川崎幸病院精神科顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)