• 本

白洲正子と歩く琵琶湖 江南編

カミと仏が融けあう処

出版社名 海青社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-86099-333-7
4-86099-333-0
税込価格 1,836円
頁数・縦 157P 19cm

商品内容

目次

序章 カミと仏の出会う処 近江(日本人の精神文化の基層
近江に坐す物言わぬ神々 ほか)
第1章 自然に宿る近江のカミ(太郎坊宮とこれを取り巻く山のカミ―岩に宿る母性
船岡山から岩戸山十三仏―大きな祀りと小さな祀り ほか)
第2章 カミと仏の融け合う処(比叡山と最澄―比叡に招かれた湖のカミ
葛川明王院と回峰行―祈りに感応するカミ ほか)
第3章 近江に宿る石の文化(寂光寺磨崖仏―磐に顕現した仏たち
富川磨崖仏―不動明王は何処に? ほか)

著者紹介

大沼 芳幸 (オオヌマ ヨシユキ)  
1954年山形県新庄市生まれ。1982年私立佛教大学博士後期課程中退。1983年滋賀県教育委員会文化財専門職員採用、2011年滋賀県立安土城考古博物館副館長を経て、2015年より公益財団法人滋賀県文化財保護協会普及専門員。2016年「琵琶湖八珍の取り組み」に対して博物館活動奨励賞受賞。琵琶湖をめぐる文化史を考古・歴史・美術・民俗・漁業・環境など幅広い視点から研究し、成果の普及活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)