• 本

新筆跡鑑定 事件を見抜く筆跡心理学

出版社名 三和書籍
出版年月 2015年3月
ISBNコード 978-4-86251-180-5
4-86251-180-5
税込価格 2,200円
頁数・縦 275P 21cm

商品内容

要旨

著者急逝の一か月前に書き上げられた筆跡鑑定・筆跡心理学の集大成!元科捜研の鑑定を破り逆転判決!!「一澤帆布遺言書事件」ほか多数の実例エピソードを満載!!筆跡鑑定にまつわる読み応えある「事件簿」とともに、万が一の際に役立つ実用知識もふんだんに盛り込んだ一冊。

目次

第1章 筆跡心理学と筆跡鑑定の融合(世界における筆跡心理学の歴史
日本における筆跡心理学の夜明け ほか)
第2章 筆跡鑑定の本質と問題点、そして夢(伝統的筆跡鑑定と今日的筆跡鑑定
類似分析の限界を示した「一澤帆布遺言書事件」 ほか)
第3章 「事実は小説よりも奇なり!!」鑑定の現場からの報告(あっとおどろく鑑定結果
鑑定力は多用な経験で磨かれる ほか)
第4章 ある日裁判所からの呼び出し状が届いた(呼び出し状が届いたら
鑑定で大事なことは信頼関係 ほか)
第5章 印影鑑定(印鑑鑑定)について知っておくべきこと(印影鑑定に力を発揮する「スーパーインポーズ」法
杜撰を通り越して詐欺的鑑定もある ほか)

著者紹介

根本 寛 (ネモト ヒロシ)  
1940年〜2014年。神奈川県出身。社団法人日本筆跡鑑定人協会・会長。日本筆跡心理学協会・会長。経営コンサルタント。筆跡鑑定人。任天堂DSトレーニングで筆跡心理学を担当。弁護士やマスコミより以下の筆跡鑑定を依頼される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)