• 本

幻のえにし 渡辺京二発言集

出版社名 弦書房
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-86329-212-3
4-86329-212-0
税込価格 2,420円
頁数・縦 266P 20cm

商品内容

要旨

語りの名手・素顔の渡辺京二が次の世代に伝えておきたいこと。自分が自分の主人公として独立する、この世(現実)ともうひとつのこの世(アナザワールド)のはざまで生きる、とはどういうことか。

目次

1(石牟礼道子の草文
三回忌に
幻のえにし)
2(熊本の文芸を辿る
二元論のはざまで生きる
ファンタジーを語る)
3(激励
『アルテリ』創刊始末
渡辺京二 二万字インタビュー)

著者紹介

渡辺 京二 (ワタナベ キョウジ)  
1930年、京都市生まれ。日本近代史家。主な著書『北一輝』(毎日出版文化賞、朝日新聞社)、『逝きし世の面影』(和辻哲郎文化賞、平凡社)、『黒船前夜―ロシア・アイヌ・日本の三国志』(大佛次郎賞、洋泉社)、『バテレンの世紀』(読売文学賞、新潮社)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)