• 本

お砂糖とスパイスと爆発的な何か 不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門

出版社名 書肆侃侃房
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-86385-365-2
4-86385-365-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 239P 19cm

商品内容

目次

1 自分の欲望を知ろう(さよなら、マギー―内なるマーガレット・サッチャーと戦うために
バーレスクってなんだろう? ほか)
2 男らしさについて考えてみよう(キモくて金のないおっさんの文学論―『二十日鼠と人間』と『ワーニャ伯父さん』
アメ車、男たちの絆、この惑星最後の美しき自由な魂―『バニシング・ポイント』 ほか)
3 ヒロインたちと出会おう(シェイクスピア劇の魅惑のヒロイン、無限に変化する女王クレオパトラ
世紀末の悪女?自己実現のため戦うヒロイン?ゲイのアイコン?―オスカー・ワイルドの『サロメ』 ほか)
4 わたしたちの歴史を知ろう(女の子がムラムラしてはいけないの?イギリス文学における女と性欲
「#女性映画が日本に来るとこうなる」の「女性映画」ってなに?―変わりゆく女たちの映画 ほか)
5 ユートピアとディストピアについて考えよう(愛の理想世界における、ブス―夢見るためのバズ・ラーマン論
隠れたるレズビアンと生殖―『わたしを離さないで』 ほか)

著者紹介

北村 紗衣 (キタムラ サエ)  
1983年、北海道士別市生まれ。専門はシェイクスピア、フェミニスト批評、舞台芸術史。東京大学の表象文化論にて学士号・修士号を取得後、2013年にキングズ・カレッジ・ロンドンにて博士号取得。現在、武蔵大学人文学部英語英米文化学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)