• 本

少女たちがみつめた長崎

出版社名 書肆侃侃房
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-86385-409-3
4-86385-409-9
税込価格 1,760円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

NHK ETV特集(2019年8月)「少女たちがみつめた長崎」待望の書籍化。

目次

プロローグ 同じこころざし
第1章 原爆を見つめ続ける
第2章 原爆前夜の少女たち
第3章 「あのとき」の記憶と記録
第4章 高校生、11時2分と向きあう
第5章 戦後 それぞれの苦難
第6章 自責の念と罪の意識
第7章 わたしたちがつなぐ
第8章 未曾有の困難の中で
エピローグ 未来のために

著者紹介

渡辺 考 (ワタナベ コウ)  
テレビディレクター。1966年東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。1990年NHK入局、福岡放送局、番組制作局、大型企画開発センターなどを経て現在はNHKエデュケーショナルプロデューサー。制作した番組に、ETV特集『もういちどつくりたい〜テレビドキュメンタリスト木村栄文の世界〜』『シリーズBC級戦犯(1)韓国・朝鮮人戦犯の悲劇』、NHKスペシャル『学徒兵 許されざる帰還〜陸軍特攻隊の悲劇〜』などがあり、3作品とも、ギャラクシー賞選奨(テレビ部門)を、またETV特集『戦場で書く』は、橋田賞を受賞している。他にも放送文化基金賞などを受賞。近年は映画制作にもかかわる。著書多数。『ゲンバクとよばれた少年』(講談社、中村由一氏、宮尾和孝氏との共著)は第24回平和・協同ジャーナリスト基金賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)