• 本

左川ちか全集

出版社名 書肆侃侃房
出版年月 2022年4月
ISBNコード 978-4-86385-517-5
4-86385-517-6
税込価格 3,080円
頁数・縦 414P 20cm

商品内容

要旨

詩の極北に屹立する詩人・左川ちかの全貌がついに明らかになる―。萩原朔太郎や西脇順三郎らに激賞された現代詩の先駆者、初の全集。すべての詩、散文、書簡、翻訳を収録。編者による充実の年譜・解題・解説を付す。

目次

詩篇(一九三〇年
一九三一年
一九三二年
一九三三年
一九三四年 ほか)
翻訳詩(SLEEPING TOGETHER(ハリー・クロスビー)
室楽(ジェイムズ・ジョイス)
男・手風琴・雪の破片(ハーバート・リード)
詩の一群(チャールズ・レズニコフ)
花が咲いてゐる(ブラヴィック・インブズ) ほか)

著者紹介

左川 ちか (サガワ チカ)  
詩人・翻訳家。1911年生まれ。北海道余市町出身、十勝地方の本別町で幼少期を過ごす。庁立小樽高等女学校卒業後に上京。10代で翻訳家としてデビュー。詩・小説・評論の翻訳を残す。1930年に筆名を「左川ちか」と改め詩壇に登場する。詩誌『詩と詩論』『椎の木』『マダム・ブランシュ』などで活躍した。将来を嘱望されたが1936年に死去。享年24
島田 龍 (シマダ リュウ)  
東京都中野区出身。立命館大学文学研究科日本史専修博士後期課程単位取得退学。文学部助手、甲南大学中高教員を経て現・立命館大学人文科学研究所研究員。専門は中世〜近現代における日本文化史・文学史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)