• 本

日本語オペラの誕生 鴎外・逍遙から浅草オペラまで

出版社名 森話社
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-86405-131-6
4-86405-131-3
税込価格 5,184円
頁数・縦 543P 22cm

商品内容

要旨

オペラへの野心が感じられる鴎外・逍遙の戯曲から、帝劇歌劇部を経て、お伽歌劇や浅草オペラに至るまで―。試行錯誤の中から誕生した和洋折衷の「日本語オペラ」の実態を、台本の精読をとおして明らかにする。

目次

第1部 物語る声は誰のものか―東西の戯曲形式の狭間で(オペラが目指されなかった時代―演劇改良論から新劇運動まで
二つの浦島劇―森鴎外『玉篋両浦嶼』と坪内逍遙『新曲浦島』
オペラと歌舞伎と「叙事唱歌」の距離―北村季晴『露営の夢』)
第2部 音楽劇は何を物語るべきか、何を物語れるのか(日本人による初期の歌劇上演
帝国劇場の試行錯誤
帝劇歌劇部の達成したもの)
第3部 歌とセリフは、それぞれ何を物語るのか(実験の場としての「お伽歌劇」
レコードになったお伽歌劇
浅草オペラ―観客の支持した新しい音楽劇)

著者紹介

大西 由紀 (オオニシ ユキ)  
東京大学大学院総合文化研究科博士後期課程修了。博士(学術)。専門は比較文学・翻訳論。現在、東京大学大学院総合文化研究科助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)