• 本

眠っているがんを起こしてはいけない。

出版社名 飛鳥新社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-86410-619-1
4-86410-619-3
税込価格 1,200円
頁数・縦 244P 18cm

商品内容

要旨

樹木希林さん、有賀さつきさん、九重親方…有名人の闘病を例に、わかりやすく語る。手術・抗がん剤・人間ドック・検診で命が縮む、やせてはいけない、オプジーボなど「夢の新薬」の闇。休眠がん細胞の存在、がんが暴れる現象や仕組み、がん細胞は生まれた直後に転移すること、転移しても眠っている場合があること、がんが自然に消える現象など、基礎研究の進展で次々と実証!医者の言いなりにならない、ケース別対処策も解説。

目次

1章 著名人は、なぜ急死するのか?
2章 休眠がん細胞が暴れる
3章 抗がん剤の闇
4章 がんが消える
5章 人間ドックとがん検診
6章 やせてはいけない
7章 新薬の闇
8章 オプジーボ
9章 がん放置療法

著者紹介

近藤 誠 (コンドウ マコト)  
1948年、東京都生まれ。「近藤誠がん研究所」所長。73年、慶應義塾大学医学部卒業。76年、同医学部放射線科に入局。83〜2014年、同医学部講師。12年、「乳房温存療法のパイオニアとして抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性などの啓蒙を続けてきた功績」により第60回菊池寛賞を受賞。13年、東京・渋谷に「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」を開設(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)