• 本

攻めの「ライトゲーム」変幻自在 一番手軽で最高に刺激的な海のルアーフィッシング

出版社名 つり人社
出版年月 2018年8月
ISBNコード 978-4-86447-323-1
4-86447-323-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 126P 21cm

商品内容

要旨

もっとも身近なルアーを使った遊び。それがライトゲームの世界観。アジやメバルはその入口にして奥深い釣趣で飽きさせない永遠のライバルだ。ほかにもライトゲームには多種多彩なターゲットがいる。ロックフィッシュやフラットフィッシュ、クロダイやケンサキイカまで。これらを思い描いたとおりのストーリーで釣っていく。思いがけない望外のサイドストーリーに笑う。興奮とドラマは常に僕らの身の回りに転がっている。

目次

第1章 ソフトベイトを知る(ライトゲームといえばソフトベイト
ハードベイトとの違い ほか)
第2章 タックルとリグを知る(ライトタックルを知る
ノットについて ほか)
第3章 ハードベイトを知る(ライトゲームとハードベイト
ポッパー ほか)
第4章 ターゲットを知る(多種多様なターゲットとフィールド
ベイトを知る ほか)

著者紹介

河野 大輔 (コウノ ダイスケ)  
1983年生まれ。幼少期より釣りに親しみ、特に学生時代はバスフィッシングの虜となる。専門学校時代に出会った恩師たちの影響で自身の釣りの世界観が大きく変化。本格的にソルトルアーを楽しむようになったのは社会人となってからだが、釣具店のルアー担当、釣具メーカーの企画開発と公私共に深く釣りと携わりながら独自のスタイルを構築。現在は故郷である鹿児島に戻り、さらなる釣りの発展に寄与する活動を行なっている。アルカジックジャパン・ブランドビルダー、バリバス・フィールドテスター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)