• 本

小田急沿線アルバム 1960年代〜90年代

出版社名 アルファベータブックス
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-86598-837-6
4-86598-837-8
税込価格 1,998円
頁数・縦 143P 26cm

商品内容

要旨

新宿と小田原・箱根、江の島、多摩ニュータウンを結ぶ小田急電鉄。ロマンスカーSE3000形の登場以来、高度経済成長の追い風に乗って続々と登場した新型車両を、私たちは驚きをもって迎えたものです。車両が世代交代を繰り返すように、沿線の街も姿を変えていきました。本書は昭和から平成に至る小田急沿線の変遷をまとめた1冊です。

目次

1章 小田原線(新宿区(新宿)
渋谷区(南新宿〜代々木上原)
世田谷区(東北沢〜喜多見) ほか)
2章 多摩線(川崎市(五月台〜はるひ野)
多摩市(小田急永山〜唐木田))
3章 江ノ島線(相模原市、大和市(東林間〜高座渋谷)
藤沢市(長後〜片瀬江ノ島))

著者紹介

牧野 和人 (マキノ カズト)  
1962年、三重県生まれ。写真家。京都工芸繊維大学卒。幼少期より鉄道の撮影に親しむ。平成13年より生業として写真撮影、執筆業に取り組み、撮影会講師等を務める。企業広告、カレンダー、時刻表、旅行誌、趣味誌等に作品を多数発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)