• 本

『都鄙問答』と石門心学 近世の市場経済と日本の経済学・経営学

出版社名 冨山房インターナショナル
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-86600-060-2
4-86600-060-0
税込価格 2,640円
頁数・縦 309P 20cm

商品内容

目次

第1部 『都鄙問答』を読む(石田梅岩の思想の革新性
商人に学問は必要か ほか)
第2部 石田梅岩の生涯と市場経済到来の時代(石田梅岩の出身と経歴
時代の背景―元禄から享保の時代 ほか)
第3部 江戸時代の石門心学(後継者手島堵庵と心学運動
寛政改革と関東心学 ほか)
第4部 近現代日本と石門心学(文明開化と商人道
近代企業と人間関係(人倫) ほか)
「道と心の経営」の今

著者紹介

由井 常彦 (ユイ ツネヒコ)  
1931年長野県生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院修了。経済学博士。明治大学経営学部教授を経て、現在、公益財団法人三井文庫常務理事・文庫長、明治大学名誉教授、一般財団法人日本経営史研究所名誉会長ほか(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)