• 本

出版翻訳家なんてなるんじゃなかった日記 こうして私は職業的な「死」を迎えた

出版社名 三五館シンシャ
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-86680-912-0
4-86680-912-4
税込価格 1,540円
頁数・縦 246P 19cm

商品内容

要旨

30代のころの私は、次から次へと執筆・翻訳の依頼が舞い込み、1年365日フル稼働が当たり前だった。その結果、30代の10年間で50冊ほどの単行本を出すに至った。が、そんな私もふと気がついてみれば、最後に本を出してから8年以上も経っていた。―なぜか?私が出版業界から足を洗うまでの全軌跡をご紹介しよう。出版界の暗部に斬りこむ天国と地獄のドキュメント。

目次

第1章 夢の夢の、そのまた夢の仕事(デビュー:「1冊目には宮崎さんのお名前は出ません」
翻訳の醍醐味:惚れ込んだ原書を売り込む ほか)
第2章 ミッション:インポッシブル(二足目のわらじ:出版翻訳家志望者への秘策
監修者:「宮崎さんって、なんでもない人じゃないですか」 ほか)
第3章 これぞ出版翻訳家の歓喜(平積み:「在庫が1冊もないのです」
ご褒美:17年越しのジグソーパズル ほか)
第4章 そして私は燃え尽きた(翻訳代金前払い:「だからウチで出すって!」
前代未聞の犯罪:訳者名を表示せず書籍刊行 ほか)

出版社・メーカーコメント

大好評!日記シリーズ番外編!!翻訳家を夢見る青年が、必死に出版翻訳家の夢を掴み取り、そして一躍 “超売れっ子” になり、しかし業界に失望し、トラウマを抱え、足を洗うまでの軌跡。

著者紹介

宮崎 伸治 (ミヤザキ シンジ)  
1963年広島県生まれ。青山学院大学卒業後、英シェフィールド大学大学院言語学研究科修了。大学職員、英会話講師を経て、出版翻訳家に。著訳書は60冊。英語・翻訳関係の資格23種類を含む、133種類の資格保持。2012年、出版業界から足を洗う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)