• 本

剣道「先師からの伝言」 下巻

出版社名 体育とスポーツ出版社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-88458-412-2
4-88458-412-0
税込価格 1,404円
頁数・縦 103P 26cm
シリーズ名 剣道「先師からの伝言」

商品内容

要旨

近代剣道の祖高野佐三郎範士から大野操一郎範士九段を経て矢野博志範士(国士舘大学名誉教授)へ伝承された日本剣道の真髄。60年の長きにわたって修行を続ける矢野範士が、先師から習得した心技体をあきらかにし、その貴重な伝言をいま語り継ぐ。

目次

剣道観を高める1 理想の剣道を研究して近づく努力をする
剣道観を高める2 剣道修錬の基礎的理合を意識して稽古を積み重ねる
稽古のかかり方 自分の打ち間と感じたら怖がらずに打ち切ること
試合について 指導者は過程をよく見極めて助言すること
審判に立つ 試合者以上に緊張感を持って臨んでいるか
審判法 美しい所作はこうして身につける
審判法 有効打突はこうして見極める
一人稽古 相手を想定して攻め崩しを感得する
わたしの剣道修行 師に恵まれ、仲間に恵まれた剣道人生
伝統文化と競技文化 事理一致の剣道を次世代に伝える

著者紹介

矢野 博志 (ヤノ ヒロシ)  
昭和16年静岡県生まれ。相良高校から国士舘大学に進み、卒業後、同大学に助手として勤務する。昭和61年より同大学教授となり、平成23年に退職する。主な戦績として世界選手権大会2位、明治村剣道大会3位、沖縄県立武道館落成記念全国剣道八段大会3位、全国教職員大会優勝、全日本選手権大会出場などがある。剣道範士八段。国士舘大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)