• 本

剣道修錬の着眼点

出版社名 体育とスポーツ出版社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-88458-417-7
4-88458-417-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 117P 26cm

商品内容

目次

第1章 上達の要領(稽古の求め方―礼法を大事に、身体を使った稽古を繰り返す
崩して打つ―心が動いたら負けと心得、稽古すること
会心の面を打つ―身体を前傾させず足腰で打ち切る
絶妙小手を打つ―手元を上げさせる意識で攻め崩して打つ
突き技の習得―腰で突くことを覚えると技が鋭くなる
連続技の習得―実の一本の連続で小手・面を打つ
応じ技の習得―出ばな技を打つ感覚で一拍子で応じる
素振りの要領―明日の稽古につながる素振りをする
基本稽古―土台がなければ会心の1本は打てない
切り返し―切り返しが剣道の基礎をつくる
上段対策―上段の癖を感じ、受けにまわらないこと
稽古の質を高める―大事なのは真剣な稽古を積み重ねること)
第2章 技術指導(攻める・崩す―圧力をかけて、攻めて打ち間をつくる
出ばなを打つ―機会をとらえる6つのポイント)
第3章 特別対談・長榮周作(パナソニック会長)

著者紹介

濱〓 滿 (ハマサキ ミツル)  
昭和24年熊本県生まれ。PL学園高から専修大に進み、卒業後、警視庁に奉職する。全日本選抜剣道八段優勝大会優勝、全国警察官大会団体優勝、国体優勝、全日本都道府県対抗優勝、全日本選手権大会、全日本東西対抗出場など。平成22年3月、警視庁を退職。現在第12回世界剣道選手権大会女子監督。警視庁名誉師範、日本大学医学部師範、三井住友海上火災師範、専修大学剣道部師範、百練館師範。剣道範士八段(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)