• 本

住まいのことのは手帖

出版社名 TOTO出版
出版年月 2004年9月
ISBNコード 978-4-88706-242-9
4-88706-242-7
税込価格 1,026円
頁数・縦 191P 17cm

商品内容

要旨

目からウロコの新発見。通勤電車のおともにどうぞ!日頃何気なく使っているものの、実は摩訶不思議な住まいや建築に関する言葉。その成り立ちや音の意味を解読し、根底に潜む先人の考えや感性をウラ読みする。言葉は文化のDNA。住まいに関するあんな言葉、こんなコトバを解読するケンチクうんちく本。

目次

第1章 くらし
第2章 部位
第3章 境界
第4章 空間
第5章 構造
第6章 外構
第7章 地所

出版社
商品紹介

「家」をなぜ「住まい」って言うの。押して入れるから「押入れ?」建築用語の成り立ちや音の意味を楽しく解説するケンチクうんちく本。

著者紹介

木山 悳世 (キヤマ ノブヨ)  
1945年京都生まれの関東育ち。神奈川、千葉、茨城、埼玉、東京と関東五都県を転々。埼玉大学文理学部卒。不動産、建築関係の編集に従事し、1993年独立。(有)トータルメディアプラネットを主宰し、企画・編集業務に携わる一方、自ら執筆する。執筆対象とするフィールドは住まいを人の精神的、医学的、心理的側面から探求する「建築生態学」、建築の世界から見た日本語に潜む先人の感性、哲学を裏読みする「建築源語学」、建築を文学、歴史、社会学の側面からのぞき見る「建築人文学」が中心。住まいのナチュラリスト。日本建築学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)