• 本

オンデザインの実験 人が集まる場の観察を続けて

TOTO建築叢書 8

出版社名 TOTO出版
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-88706-367-9
4-88706-367-9
税込価格 1,404円
頁数・縦 147P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

オープンでフラットな対話から人、出来事、場所がつながっていく。

目次

第1章 設計へのアプローチ(スタートを共有する
時間軸をデザインする
場を言語化する(ビルディングタイプの乗り越え方))
第2章 ケーススタディ(MINI LIVING‐Do Disturb.
観察と試み―深大寺の一軒家改修
みなまきラボ
Hama House+HAMA 1961
コミュニティボールパーク化構想
やんばるの庇森(沖縄やんばるロハスプロジェクト)
unico―川崎の創造複合拠点
まちのような国際学生寮)
第3章 ケーススタディからの考察(8つのケーススタディを振り返って
オンデザイン・メソッド
改めてプロジェクトを俯瞰してみて
おわりに)

おすすめコメント

「オンデザインパートナーズ」代表を務め、2016年ヴェネチア・ビエンナーレ建築展に出品するなど、注目を集める建築家。建築をつくる意味がゆらゆらしている時代に、さまざまな切り口からアイデアを積み上げ、住宅からまちづくりまでの幅広いニーズに応えている。8つのケーススタディからオンデザインの視点を可視化するとともに、変動の激しい現代社会において若手建築家が考える「建築することの意義」をあぶりだした書。

著者紹介

西田 司 (ニシダ オサム)  
1976年神奈川県生まれ。1999年横浜国立大学卒業。同年、スピードスタジオ設立。2002年東京都立大学大学院助手(〜2007年)。2004年オンデザインパートナーズ設立。首都大学東京研究員、横浜国立大学大学院Y‐GSA助手、東北大学非常勤講師、The University of British Columbia(UBC)非常勤講師、東京大学非常勤講師を経て、東京理科大学、日本大学大学院、京都造形芸術大学非常勤講師。大阪工業大学客員教授。オンデザインパートナーズ代表。石巻2.0理事。日事連建築賞小規模建築部門優秀賞、JIA新人賞、グッドデザイン復興デザイン賞他多数受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)