• 本

インディアンの「文明化」 ショーニー族の物語

刀水歴史全書 98

出版社名 刀水書房
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-88708-438-4
4-88708-438-2
税込価格 3,240円
頁数・縦 283P 20cm

商品内容

要旨

「文明化」と言うより「アメリカ白人社会への強制的同化」と言うにふさわしかったインディアンたちの過酷な歴史は、単に過去の記録と言うより、冷戦後かえって各地域や民族間で紛争の絶えなくなった現在、むしろ身近な問題のようにも思える。小さな部族のエリートが「白人的価値」と「インディアンの価値」の中で苦悩し翻弄されながら、両者の懸け橋を目指して懸命に生きてゆく。

目次

第1部 ショーニー族
第2部 インディアンの生活
第3部 白人の教育を受ける
第4部 故郷に帰る
第5部 オクラホマの開放と喧騒
第6部 新たな時代へ
解題 『インディアンの「文明化」―ショーニー族の物語』における「文明化」とその問題点(中田佳昭・村田信行)

著者紹介

アルフォード,トーマス・ワイルドキャット (アルフォード,トーマスワイルドキャット)   Alford,Thomas Wildcat
1860〜1938。アメリカ・インディアン史に残る伝説的英雄テクムセ(Tecumuseh、テカムシとも、1768〜1813年)の直系の子孫である
中田 佳昭 (ナカタ ヨシアキ)  
1946年、長野県南雲曇郡堀金村(現安曇野市)に生れる。上智大学文学部英文科卒業、同大学院修士課程修了。清泉女学院短期大学(長野市)国際コミュニケーション科教授、2006年死去
村田 信行 (ムラタ ノブユキ)  
1957年、山口県防府市に生れる。上智大学文学部英文科卒業、同大学院修士課程修了。現在、清泉女学院短期大学(長野市)国際コミュニケーション科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)