• 本

七面鳥 山、父、子、山

出版社名 リトルモア
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-89815-537-0
4-89815-537-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 283P 20cm

商品内容

要旨

「ぼく」は息子が生まれて、いろんなことを思い出した。そうだ、ぼくはずっとカリフラワーを七面鳥だと信じていたんだ。ビルも地下も歩道橋もない、広島の林業の町に生まれたぼく。力も気も胃も弱い。父親・フミヤアキは、酒を飲んで運転し、カープが負ければ家中のものを捨て、「早うせい」が口癖。「そとづら」だけはいい。デコトラで、スナックで、家業の乾物屋で、スキー大会で、野球場で、運動会で、結婚式場で、パリで…。四歳、九歳、十九歳、三十八歳の4章で綴られる、子と父の物語。

出版社・メーカーコメント

思い出の中で、ぼくはデコトラに揺られている。ハンドルを握る父は、ムード歌謡を裏声で歌っていた。四歳、九歳、十九歳、三十八歳の四章で綴る、ぼくと父の39年。父や母、一番近くにいた人とのくすぐったい記憶がよみがえる、親子小説の傑作!レ・ロマネスクTOBI、書き下ろし初小説。[あらすじ] 「ぼく」は息子が生まれて、いろんなことを思い出した。そうだ、ぼくはずっとカリフラワーを七面鳥だと信じていたんだ。 ビルも地下も歩道橋もない、広島の林業の町に生まれたぼく。力も気も胃も弱い。父親・フミャアキは、酒を飲んで運転し、カープが負ければ家中のものを捨て、「早うせい」が口癖。「そとづら」だけはいい。デコトラで、スナックで、家業の乾物屋で、スキー大会で、野球場で、運動会で、結婚式場で、パリで……。四歳、九歳、十九歳、三十八歳の四章で綴られる、子と父の物語。

著者紹介

レ・ロマネスクTOBI (レロマネスクTOBI)  
広島県比婆郡(現在の庄原市)出身。フランスで結成された音楽ユニット「レ・ロマネスク」のメインボーカル。キッチュな楽曲を派手なメイクとコスチュームで歌い踊るパフォーマンスで徐々に人気を集め、2008年春夏パリコレでのライブをきっかけに、世界12カ国50都市以上で公演。09年フランスの人気オーディション番組に出演した動画のYouTube再生回数が、仏で1位を記録し、「フランスで最も有名な日本人」となる。「FUJI ROCK FESTIVAL’11」出演を機に日本に処点を移し、精力的にアルバム・シングルをリリース(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)