• 本

スウェーデン水辺の館への旅 エレン・ケイ『児童の世紀』をたずさえて

出版社名 冨山房インターナショナル
出版年月 2004年12月
ISBNコード 978-4-902385-07-6
4-902385-07-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 149P 22cm

商品内容

要旨

森と湖の国、スウェーデン。ヴェッテルン湖という南北に長い、大きな湖がある。その湖のほとりに、「ストランド荘」という名の水辺の館がある。『児童の世紀』を著したエレン・ケイの館である。この本のページを開き、水辺の館への旅に出てほしい。

目次

プロローグ ヴェッテルン湖の陽の光
1 スウェーデンへの旅路(世界中の大学が揺れていた―北欧の大学改革案の翻訳
スウェーデン社会研究所の第一回視察団―「福祉とは何をすることか」の時代
役所を歩き回って「保育指針」を手に入れる―すべては日本と反対だった ほか)
2 エレン・ケイ 新しい世紀への夢(Ellen Karolina Sofia Key(1849〜1926)のこと
『児童の世紀』(一九〇〇年)の刊行から百年が過ぎて
ヴェッテルン湖のほとりのストランド荘と、太陽の光 ほか)
3 エレン・ケイを待っていた日本(大正時代の青春
戦時体制下のスウェーデン紹介
『児童の世紀』が生かされる時代へ)
エピローグ バルト海のほとりの原風景

著者紹介

荒井 洌 (アライ キヨシ)  
1939年福島県郡山市生まれ。白鴎大学教授。NPO法人ほいくゼミナール・21リーダー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)