• 本

元ACミラン専門コーチのセットプレー最先端理論 得点力+30%

出版社名 ソル・メディア
出版年月 2017年2月
ISBNコード 978-4-905349-30-3
4-905349-30-3
税込価格 1,512円
頁数・縦 205P 19cm

商品内容

要旨

「戦術王国」イタリアでセットプレー専門コーチという世界初の役職を生み出し、指導したフィオレンティーナでは全得点の3分の1にあたる23得点をセットプレーから決めるという驚異的な結果を残した。ゼンガ(当時カターニア)、モンテッラ(同フィオレンティーナ)、インザーギ(同ミラン)ら気鋭の若手監督が注目した斬新なセットプレー理論は、現場の最前線で今なおアップデートを続けている。そのフィールドワークの成果を本邦初公開!

目次

ワルテル・ゼンガによる序章―セットプレー専門コーチ誕生秘話
第1章 セットプレーとは?
第2章 戦略(構想と配置)
第3章 戦術(準備)
第4章 技術(実行)
第5章 セットプレー守備
第6章 その他のセットプレー
第7章 トレーニング論
ジョバンニ・ビオ特別インタビュー
あとがきにかえて―「日本×セットプレー」の未知なる可能性

著者紹介

ビオ,ジョバンニ (ビオ,ジョバンニ)   Vio,Giovanni
1953年4月6日、イタリアのベネツィア生まれ。2004年に発表した書籍『得点力+30%』で注目を集め、それを評価したゼンガから当時率いていたアル・アインにセットプレー専門コーチとして招かれる。その後ディナモ・ブカレスト、カターニア、パレルモなどを経て、12‐13シーズンにはモンテッラのフィオレンティーナを指導。14‐15シーズンにインザーギに請われてミランにステップアップ、15‐16シーズンは英国2部のブレントフォードに渡って見聞を広めた
片野 道郎 (カタノ ミチオ)  
1962年仙台市生まれ。95年から北イタリア・アレッサンドリア在住。ジャーナリスト・翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)