• 本

ポジショナルプレーのすべて 欧州サッカーの新解釈。

出版社名 ソル・メディア
出版年月 2019年7月
ISBNコード 978-4-905349-46-4
4-905349-46-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 253P 19cm

商品内容

要旨

日本サッカーが世界で勝つにはポジショナルプレーを知らなければならない。「ポジショナルプレー」を日本のサッカー論談に持ち込んだWEB発の新世代ライターが徹底解剖!

目次

第1章 「ポジショナルプレー」とは?
第2章 ポジショナルプレーの歴史
第3章 ボードゲームとフットボールの深淵な関係
第4章 ポジショナルプレーにおける、「5レーン理論」の価値
特別インタビュー 渡邉晋はなぜ「5レーン理論」を実践するのか。―「仙台の求道者」が追いかける理想
第5章 ビルドアップの鍵、「サリーダ・ラボルピアーナ」と「偽サイドバック」
第6章 ポジショナルプレーにおける「0トップ」と「ハーフスペース攻略」
第7章 戦術的ピリオダイゼーションとポジショナルプレー
第8章 4番目の優位性と、エコロジカル・アプローチ
第9章 枝葉から末節へ。ベクトルの再認識が、フットボールを変貌させていく

著者紹介

結城 康平 (ユウキ コウヘイ)  
1990年生まれ、宮崎県出身。ライターとして複数の媒体に寄稿しつつ、翻訳・通訳・編集として活動。欧州サッカーを中心に「何でも屋」として複数のプロジェクトに参加している。海外サッカー専門誌『フットボリスタ』で「TACTICAL FRONTIER 進化型サッカー評論」を連載中。スコットランドで過ごした大学院生時代に培った英語文献を読み解くスキルを活用しながら「欧州最先端の戦術研究」に独自の視点でアプローチする。日本のサッカー論談にポジショナルプレーを紹介した伝道師としても知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)