• 本

新記号論 脳とメディアが出会うとき

ゲンロン叢書 002

出版社名 ゲンロン
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-907188-30-6
4-907188-30-7
税込価格 3,024円
頁数・縦 447P 19cm

商品内容

要旨

現代人はつねにネットワークに接続されている。それはなにを意味するのか。二人の哲学者が、記号論という名の古くて新しいプロジェクトをいま再起動する―。先史時代の洞窟壁画から最新の脳科学までを貫き、ヒトと機械のインターフェイス=境界面の本質を明らかにする、スリリングな知的冒険!ゲンロンカフェ発、伝説の白熱講義を完全収録!

目次

講義(記号論と脳科学 2017年2月17日
フロイトへの回帰 2017年5月24日
書き込みの体制2000 2017年11月24日)
補論(4つの追伸 ハイパーコントロール社会について)

著者紹介

石田 英敬 (イシダ ヒデタカ)  
1953年千葉生まれ。東京大学教授。東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学、パリ第10大学大学院博士課程修了。専門は記号学、メディア論
東 浩紀 (アズマ ヒロキ)  
1971年東京生まれ。批評家・作家。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)