• 本

本屋がアジアをつなぐ 自由を支える者たち

出版社名 ころから
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-907239-41-1
4-907239-41-6
税込価格 1,836円
頁数・縦 158P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

本屋という商売は、なぜ無くならないのだろうか?本屋をはじめる人は、なぜいまも出てくるのだろうか?『「本屋」は死なない』が東アジア各国で翻訳刊行されている出版ジャーナリストの石橋毅史が、国境をひとつ超えて出会った「本屋」たちの物語り。

目次

身の丈の本屋にできること―東京・チェッコリ
午前零時の熱気―台北・誠品書店
「1冊は買って」メッセージボードの意味―槐山・森の中の小さな本屋
「党外人士」を知る―台湾・台北
ヘイトも呑みこむ闘技場―大阪・ジュンク堂書店難波店
「独立」ってなんだろう?―新北・小小書房
僕たちの日韓交流
100年前の本屋に出逢う―上海/東京・内山書店(1)
全身で中国に学ぶ―上海/東京・内山書店(2)
笑顔の博愛主義者―上海/東京・内山書店(3)
100年の先へ―上海/東京・内山書店(4)
スーザンに教わる東アジア―東京・神保町古書店街
「AGG」の本場で―東京・アニメイト池袋本店
「ことば」から入る沖縄―那覇市場の古本屋ウララ
隣国に届いた曖昧な言葉―東京岩波ブックセンター
POP一枚の力―東京くまざわ書店南千住店
未来を描く前に―名古屋・シマウマ書房
「5・18」の思想的指導者―韓国・「民主化」と本屋(1)
1997・4・15―韓国・「民主化」と本屋(2)
受け継がれるもの―韓国・「民主化」と本屋(3)
揺れる香港を歩く―銅鑼湾書店・林螢基の闘い(1)
自由を求めて逃走中―銅鑼湾書店・林螢基の闘い(2)

著者紹介

石橋 毅史 (イシバシ タケフミ)  
1970年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒。出版社勤務を経て、出版業界専門紙「新文化」の記者、編集長を務める。2010年フリーランスとなる。著書に『「本屋」は死なない』(新潮社)など。同書の中国繁体字版『書店不死。』は、台湾・誠品書店が選ぶ閲読職人大賞(2013年)を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)